こんにちは。衛生管理者試験専門講師の高山です。
今回は、弊社の衛生管理者試験講習会の講義内容を科目ごとにご紹介いたします。

労働生理(第1種・第2種)

労働生理の問題は、
第1種では全44問中10問出題されます。
*合格するには、本科目で10問中4問以上の正解と、全科目を合わせて60%以上の得点が必要です。

第2種では全30問中10問出題されます。
*合格するには、本科目で10問中4問以上の正解と、全科目を合わせて60%以上の得点が必要です。

労働生理の学習項目は全部で15項目

1.血液
2.心臓の働きと血液循環
3.呼吸
4.栄養素の消化及び吸収
5.肝臓
6.腎臓・泌尿器系
7.ホルモン
8.感覚器・感覚
9.神経系
10.筋肉
11.代謝
12.体温調節
13.ストレス
14.疲労
15.睡眠

お話しする内容の一部をご紹介します。

・血漿中の蛋白質であるアルブミンとグロブリンの働きは何?
・Tリンパ球とBリンパ球の働きは何?
・心臓にある洞結節って何?
・大動脈・大静脈・肺動脈・肺静脈はどこにある?
・外呼吸と内呼吸の違いは何?
・炭水化物、脂質、蛋白質を分解する消化酵素の名前は何?
・肝臓の主な働きは?
・腎臓のネフロンの構造はどうなっている?
・睡眠ホルモンといわれるホルモンは?
・網膜にある錐状体と杆状体の働きは?
・大脳皮質と大脳髄質はどう違う?
・筋収縮のエネルギーになるATPとは?
・同化と異化って何?
・2点弁別閾検査とは?
・睡眠中に活発に働くのは何神経?
etc

➡ 体の仕組みと働きが中心になりますが、イラストを多く使いながらわかりやすく解説いたします。
➡ 各項目を説明後すぐに問題練習を行いますのでしっかり得点力が身につきます。
➡ 最新の出題傾向についてもお話しいたします。

関係法令〈有害業務以外〉(第1種・第2種)

関係法令(有害業務以外)の問題は、
第1種では全44問中7問出題されます。
*合格するには、本科目で7問中3問以上の正解と、全科目を合わせて60%以上の得点が必要です。

第2種では全30問中10問出題されます。
*合格するには、本科目で10問中4問以上の正解と、全科目を合わせて60%以上の得点が必要です。

関係法令(有害業務以外)の学習項目は全部で14項目

1.労働安全衛生法の目的
2.安全衛生管理体制(有害業務以外)
3.衛生委員会
4.安全衛生教育
5.健康診断
6.医師による面接指導
7.ストレスチェック
8.事業場の建物、施設等に関する措置
9.事務所衛生基準規則
10.労働時間
11.年次有給休暇
12.就業規則
13.妊産婦
14.労働者死傷病報告

お話しする内容の一部をご紹介します。

・労働安全衛生法の目的は?
・総括安全衛生管理者の選任が必要な事業場は?
・専任の衛生管理者が必要な事業場は?
・雇入時健康診断と定期健康診断の違いは何?
・休養室を男女別に設ける必要がある事業場は?
・事務所の室温と湿度はどのくらいにすればいいの?
・36協定を締結していても時間外・休日労働をさせることができない人は?
・有給休暇の計画的付与とは?

etc

➡ 働く上で知っていると役に立つ内容が満載の科目です。
➡ 各項目を説明後すぐに問題練習を行いますのでしっかり得点力が身につきます。
➡ 法改正情報や、最新の出題傾向についてもお話しいたします。

労働衛生〈有害業務以外〉(第1種・第2種)

労働衛生(有害業務以外)の問題は、
第1種では全44問中7問出題されます。
*合格するには本科目で7問中3問以上の正解と、全科目を合わせて60%以上の得点
が必要です。

第2種では全30問中10問出されます。
*合格するには本科目で10問中4問以上の正解と、全科目を合わせて60%以上の得点が必要です。

労働衛生(有害業務以外)の講習会での学習項目は全部で19項目

1.温熱環境
2.必要換気量
3.照明等の視環境
4.食中毒
5.骨折
6.出血及び止血法
7.熱傷
8.一次救命処置
9.労働衛生管理統計
10.VDT作業
11.健康の保持増進対策
12.労働者の心の健康の保持増進のための指針
13.事業者が講ずべき快適な職場環境の形成のための措置に関する指針
14.職場における喫煙対策
15.職場における腰痛予防対策指針
16.労働衛生教育
17.生活習慣病
18.BMI
19.脳血管障害および虚血性心疾患

お話しする内容の一部をご紹介します。

・WBGTとは?
・必要換気量の計算方法(電卓を使い計算問題を行います)
・食中毒の分類
・単純骨折と複雑骨折の違いは何?
・熱傷の対処法
・一次救命処置の手順
・偽陽性率・偽陰性率の計算方法(電卓を使い計算問題を行います)
・健康測定とは?
・メンタルヘルスケアにおける4つのケアとは?
・腰痛健康診断の項目は?
・死の四重奏って何?
・BMIの計算方法(電卓を使い計算問題を行います)
・脳梗塞には脳血栓と脳塞栓があるが違いは何?
etc

➡ 仕事だけでなく人生にも役に立つ内容が満載の科目です。
➡ 各項目を説明後すぐに問題練習を行いますのでしっかり得点力が身につきます。
➡ 最新の出題傾向もお話しいたします。

 

関係法令〈有害業務〉(第1種のみ)

関係法令(有害業務)の問題は、
第1種で全44問中10問出題されます。
*合格するには、本科目で10問中4問以上の正解と、全科目を合わせて60%以上の得点が必要です。

関係法令(有害業務)の学習項目は全部で17項目

1.安全衛生管理体制(有害業務)
2.作業主任者
3.機械等に関する規制
4.定期自主検査
5.特別教育
6.作業環境測定
7.有害業務に係る健康診断
8.健康管理手帳
9.衛生基準(有害業務)
10.有機溶剤中毒予防規則
11.特定化学物質障害予防規則
12.酸素欠乏症等防止規則
13.粉じん障害防止規則
14.石綿障害予防規則
15.じん肺法
16.電離放射線障害防止規則
17.労働基準法(有害業務)

お話しする内容の一部をご紹介します。

・衛生工学衛生管理者の免許を持つ衛生管理者の選任が必要な事業場は?
・譲渡等の制限がある機械等は?
・定期自主検査の対象になるものは何?
・特別教育が必要な業務は?
・特殊健康診断の健診項目は?
・健康管理手帳の交付対象となる業務は?
・有機溶剤の発散源対策として行うことは?
・特定化学物質で物質名を覚えることが必須なものは何?
・酸素欠乏危険作業第1種・第2種の違いは?
・電離放射線の被ばく限度は?
・女性の危険有害業務の就業制限について
etc

➡ 有害科目では化学物質の名前など覚えることがいろいろありますが、試験対策として何を覚えればよいのか?また覚え方についてもお伝えします。
➡ 各項目を説明後すぐに問題練習を行いますのでしっかり得点力が身につきます。
➡ 最新の出題傾向についてもお話しいたします。

労働衛生〈有害業務〉(第1種のみ)

労働衛生(有害業務)の問題は、
第1種で全44問中10問出題されます。
*合格するには、本科目で10問中4問以上の正解と、全科目を合わせて60%以上の得点が必要です。

労働衛生(有害業務)の学習項目は全部で15項目

1.空気中の有害物質
2.金属による健康障害
3.有機溶剤による健康障害
4.粉じんによる健康障害
5.ガス等による健康障害特別教育
6.作業環境における有害因子による健康障害
7.有害光線等による健康障害
8.作業管理
9.作業環境の測定と評価
10.作業環境改善
11.化学物質等安全データシート(SDS)
12.化学物質のリスクアセスメント
13.局所排気装置
14.労働衛生保護具
15.特殊健康診断

お話しする内容の一部をご紹介します。

・ヒュームとは?
・鉛でおこる健康障害は?
・生物学的モニタリングとは?
・一酸化炭素中毒の症状は?
・等価騒音レベルとは?
・紫外線と赤外線ではどちらが波長が長い?
・労働衛生の3管理とは?
・A測定・B測定とは?
・局所排気装置のフードの種類
・防じんマスク、防毒マスクの使用上の注意事項は

etc

➡ 労働衛生(有害)の科目では普段なじみのない項目もあると思いますが、ひとつずつ丁寧に解説します。
➡ 各項目を説明後すぐに問題練習を行いますのでしっかり得点力が身につきます。
➡ 最新の出題傾向についてもお話しいたします。

 

衛生管理者試験対策セミナー開催中!|合同会社ブルームリンクス

■衛生管理者試験 講習会(東京・神奈川・千葉・埼玉)のご案内
■衛生管理者試験 企業内講習会の講師を承ります(全国対応)
■自宅・勤務先でお好きな日時に受講『リアルタイムオンラインセミナー』