こんにちは。合同会社ブルームリンクス代表・衛生管理者試験 専門講師の高山です。

労働安全衛生法で、常時50人以上の事業場では業種を問わず衛生管理者を選任しなければならないと定められています。
このことは、特に人事・総務・管理部門の方であれば、殆どの方は知っています。

では、人事・総務・管理部門の方が、自社内の常時50人以上の事業場で衛生管理者がきちんと選任され、労基署に選任報告がされていますか?と質問されたらどうでしょうか。もちろん、担当の方は知っておられると思いますが、それ以外の方では、役員・人事部長クラスの方も含めご存知でない方がけっこう多いのではないでしょうか。

photo-20160624business

私は、過去に複数の会社で人事部門に所属し、衛生管理者の選任状況をみてきて、自分自身も5年以上事業場の衛生管理者に選任されていましたが、衛生管理者を必要な人数選任することは、それほど容易ではないと感じていました。

選任が必要とわかっていても選任できていない場合、その理由として例えば次のようなものがあります。
(下記のようにならなければ問題ないともいえます。)

・定期的に人事異動がある企業で、例えば、衛生管理者1名の選任が必要な事業場で有資格者が1名しかいない場合、その方が異動になると次の方が資格を取るまで空白期間ができてしまう。

・会社から衛生管理者の資格を取得するように指示しても、指示をされた方の業務が忙しく、試験勉強する時間がない又は試験を受けに行くことができない。


・仕事が忙しすぎて、試験勉強ができないまま本試験の日をむかえてしまい不合格になってしまう。


・所属する事業場では、衛生管理者の選任が必要な常時50人以上にはならないと思っていたところ、急に人員が増えた。

etc

また、極端なケースですが、1名衛生管理者を選任するために、管理部門の役職者が、5名以上の方に受験するように指示を出したものの、誰も本気で受験の準備(勉強)をしなかったため、全員不合格になったという事例もあります。

会社において、安全衛生管理をおろそかにしていい時などもちろんありません。

衛生管理者の選任については、早くから計画を立てて準備(衛生管理者の養成)すれば、有資格者がいなくてバタバタすることはなくなります(労働基準監督署に指摘されると本当に会社中がバタバタします)。

また、衛生管理者の免許取得を会社から指示するときは、ご本人にきちんとその理由や重要性を伝えることが大切です。

仕事中の事故のニュースを見る日も多く、また、過重労働防止、過労死防止、メンタルヘルス対策の徹底などが重要視される今、各企業は、従来以上にしっかりした安全衛生管理体制をつくり、事故がないように、従業員の方が健康に働けるように、しっかり対応が必要です。

現在、私は衛生管理者試験対策講習会の講師をしているのですが、会社員時代の経験もふまえて、今回は衛生管理者の選任について書きました。
ブログをお読みいただきましてありがとうございました。

——————————————————————————————
■衛生管理者試験の総合情報サイト『衛生管理者試験フォーラム』TOP
■衛生管理者試験 講習会のご案内【東京・神奈川・千葉・埼玉】
■企業内研修の講師を承ります【全国対応】