こんにちは。合同会社ブルームリンクス代表、衛生管理者試験専門講師の高山です。

弊社の講習会には、『公開講座』『マンツーマン講習』『グループ講習』『企業内講習会』の4種類があります。

今日はマンツーマン講習の進め方についてご紹介します。

まず、マンツーマン講習の日時・場所は、受講される方のご希望に応じて柔軟に設定させていただいております。

ご予約される時期は、はやい方で1か月位前、お急ぎの方は直前3日前~前日ということもあります。

会場は東京・浅草橋駅近くの会議室を主に利用していますが、固定ではなく、首都圏に無数に存在する貸会議室でベストな会場を選定しています。受講者様と講師の2名での利用ですが、4~6人位で使用できるゆったりとしたスペースを毎回確保しております。

使用するテキストは弊社オリジナルのカラーテキストです。問題集は市販のもので1冊で十分に合格できる解説がしっかりした書籍を選んでおります。テキストと問題集は公開講座で使用するものと同じです。

講習科目は第1種は5科目、第2種は3科目ですが、進める順番は当日ご相談の上決めますので自由にお申しつけください。

進める順番について特にご希望がない場合は、労働生理の『血液』の項目からはじめていきます。

まず講師が試験に出るポイントや覚え方などを説明し、1つの項目が終わるとすぐに問題練習(過去問)を行います。説明してすぐに問題を解くので、今きいた内容がどのような形で実際の試験に出題されているのかがはっきりわかります。各項目過去問は2~5問程度を解きます。

『血液』の次の項目は『心臓の働きと血液循環』ですが、こちらの項目は「血液の循環経路」の図を使いながらの学習になります。
テキストの図を見たり、ホワイトボードを使ったり、PC(またはプロジェクター)の画面を見たりしながら、まず大動脈、大静脈、肺動脈、肺静脈を、次に動脈血、静脈血とは・・・と学習していきます。

マンツーマンなのでお互いに
自由に会話をしながら進めていきます。

このあとは、『呼吸』『栄養素の消化・吸収』『肝臓』『腎臓』『ホルモン』と進みます。

一つ一つの項目ごとに、受講される方が「ここはわかっているので簡単でいいです」とか、「ここは苦手なので詳しく説明して下さい」etc と言っていただけるのがマンツーマン講習の特徴でありメリットです。

得点を伸ばしたいところを重点的に学習することができます。

マンツーマン講習は、とても自由な雰囲気の中で進めていきますが、弊社の講習会の中でも最も合格率が高い講習です。

詳細・スケジュール等、講習会ページでご案内しております。
講習会ご案内ページ

今後もブログで、弊社の講習会の具体的な内容・実際の様子を時々書いていきますのでよろしくお願いします。
お読みいただきましてありがとうございました。