第一種衛生管理者と第二種衛生管理者、どちらの試験を受験すればいいの?

ある日突然、会社から衛生管理者の資格を取得するように言われたものの、第一種と第二種のどちらを受験すればよいのかわからずに困ってしまうことがあります。

photo-20160624business

第一種と第二種は、事業場の業種によって区分されています。

第一種衛生管理者免許が必要なのは、
農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(物の加工を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業です。

第二種衛生管理者免許が必要なのは、
その他の業種(第一種衛生管理者免許が必要な業種にあげられていない業種)です。
※その他の業種では第一種でもOKです。

勤務先が第二種の業種の場合でも、第一種の免許取得を検討してみるのがよい場合も

現在勤務されている事業場が、第一種衛生管理者資格が必要な業種であれば迷うことなく第一種衛生管理者試験を受験しましょう。

では、現在の事業場が第二種衛生管理者資格が必要な業種の場合は?
第二種でもちろんOKですが、第一種を受験するという選択肢もあります。

例えば、ひとつの会社の中で、第一種が必要な事業場(工場など)と第二種が必要な事業場(事務系の部門のみの本社など)がある場合、第二種の免許を持つ方が本社から工場に異動になった時、その方は異動先の工場の衛生管理者になることはできません。

また、現在金融業(第二種でOK)に勤務していて、将来製造業(第一種が必要)の会社に転職した場合、第二種免許を取得していても、その製造業の事業場の衛生管理者になることはできません。

今後も第二種の職場で勤務を続けていく予定の場合は第二種の免許取得でOKです。
しかし、将来的にさまざまな業種に就く可能性がある場合は、今後のことも考えて、この機会に第一種の免許取得を検討されるのもよいと思います。

第一種・第二種のどちらなのか、安全衛生管理担当部署に確認しましょう。

衛生管理者試験で第一種・第二種どちらを受験するかについては、すでに衛生管理者を選任している50人以上の事業場では、第一種・第二種どちらが必要か決まっているので、安全衛生管理の担当者の方(総務・人事・管理部の方など)に確認すると良いでしょう。

また、勤務されている事業場ではじめて衛生管理者を選任する場合は、勤務されている事業場がこのブログのはじめに書きました第一種・第二種の業種のいずれに該当するのかをご確認ください。

おわりに

衛生管理者の資格は長い目でみると、キャリアの面でも、暮らしていく上でもメリットが多く、無駄になるということはありません。健康や法律などのさまざまな知識も身に付きます

ぜひ資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

衛生管理者試験対策セミナー開催中!|合同会社ブルームリンクス

■衛生管理者試験 講習会(東京・神奈川・千葉・埼玉)のご案内
■衛生管理者試験 企業内講習会の講師を承ります(全国対応)
■自宅・勤務先でお好きな日時に受講『リアルタイムオンラインセミナー』