こんにちは。衛生管理者試験 専門講師の高山です。

今回の衛生管理者試験対策ブログのテーマは【安全衛生教育】です。
※第一種試験で出題される特別教育の部分については除きます。

1.出題頻度は?

過去問 直近10回中【安全衛生教育】の問題は、第1種では1回第2種では8回出題されています。

※H25.10~H30.4までの過去問10回分の当社分析による。
※過去問(公表試験問題)は、衛生管理者試験の主催団体である 公益財団法人 安全衛生技術試験協会 が年2回(4月・10月)HP上で公表しています。

photo-meeting

2.安全衛生教育の出題ポイント

2-1 雇入れ時等の教育

事業者は、
・労働者を雇い入れたとき
・労働者の作業内容を変更したとき
に安全衛生教育を行わなければなりません。


▢教育事項

①機械等、原材料等の危険性又は有害性及びこれらの取扱い方法に関すること
②安全装置、有害物抑制装置又は保護具の性能及びこれらの取扱い方法に関すること。
③作業手順に関すること
④作業開始時の点検に関すること
⑤当該業務に関して発生するおそれのある疾病の原因及び予防に関すること
⑥整理、整頓及び清潔の保持に関すること
⑦事故時等における応急措置及び退避に関すること
など

労働者数が少ない、雇用期間が短いといった理由で雇入れ時等の教育を省略することはできません。

・教育事項の全部又は一部に関し、十分な知識及び技能を有していると認められる人については、その事項についての教育を省略することができます。

 

2-2 省略できる教育事項がある業種・ない業種

(1)省略できる教育事項がある業種
金融業(銀行等)、医療業、警備業 など

省略できる教育事項は次の4つです。

①機械等、原材料等の危険性又は有害性及びこれらの取扱い方法に関すること
②安全装置、有害物抑制装置又は保護具の性能及びこれらの取扱い方法に関すること。
③作業手順に関すること
④作業開始時の点検に関すること


(2)省略できる教育事項がない業種
製造業、各種商品小売業(百貨店)、旅館業、ゴルフ場業など

☞省略できる教育事項がある業種・ない業種については、赤字の業種を覚えるようにしましょう。

今回は、安全衛生教育について書きました。
またこのようなブログを書いていきますのでよろしくお願いします。

サービスメニュー|合同会社ブルームリンクス

■衛生管理者試験 講習会(東京・神奈川・千葉・埼玉)のご案内
■企業内研修の講師を承ります(全国対応)
■リアルタイムオンラインセミナー